テーマ:鳥類

トキの系譜(22) 心の変化

オーストラリア・ヤウイ Series Three 48 Sacred Ibis(オーストラリア黒トキ)  昨日は急遽、新年の挨拶に代えさせていただきました。  本題に戻ります。トキの系譜の終盤です。「ヤウイ」のフィギュアの特徴はその豊かな「遊び心」に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トキの系譜(21) 明けましてておめでとうございます。

オーストラリア・ヤウイ Series Three 48 Sacred Ibis(オーストラリア黒トキ)  新年明けましておめでとうございます。このブログをはじめた当初は、ひとつでも多くの動物フィギュアを紹介できたら良いと考えていました。それで良しと願っていました。それは発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トキの系譜(20) ヤウイのクロトキ 

オーストラリア・ヤウイ Series Three 48 Sacred Ibis(オーストラリア黒トキ)   正に「ニッポニア・ニッポン」と称した「朱鷺」の絶滅はその事(自然への畏敬の念を失った事)を象徴しているかのように私には見えてなりません。幸いにも同じDNAの朱鷺が中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トキの系譜(19) ドウブミナエ

チョコエッグ 10周年記念版・日本の動物 003 トキ 2009年8月 製作・フルタ製菓  「ドウブミナエ(ドウとは朱鷺の事)」とは、あらかじめ朱鷺が稲を荒らすのでその分を余分に取っておきましょう。」という教訓と朱鷺に対する思いが産んだ言葉ではないでしょうか。「自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トキの系譜(18) 日本人の自然観

チョコエッグ 10周年記念版・日本の動物 003 トキ 2009年8月 製作・フルタ製菓  「トキの系譜」も終盤に近付いた様です。フィギュアとは直接は関係ないのですが、個人的にお話ししておきたい事があります。動物フィギュアを考察していく中で「日本の美意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トキの系譜(17) チョコェッグ10周年記念版 

チョコエッグ 10周年記念版・日本の動物 003 トキ 2009年8月 製作・フルタ製菓  このフィギュアはチョコエツグの発売10周年を記念して発売された「10周年記念版・日本の動物」の「トキ」です。2009年8月に発売されたものです。このチョコエッグの「10周年記念版・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トキの系譜(16) 柔らかな質感

国立科学博物館カプセルミュージアム 05 トキ 2007年4月 監修・西海功 製作・海洋堂 原型製作・松村しのぶ  その経緯の中でミニチュア動物フィギュアとしての「羽根のディティール」の表現(造り方や感触)が似ているのです。同じ作家の原型ですので当たり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トキの系譜(15) 鳥の羽根

国立科学博物館カプセルミュージアム 05 トキ 2007年4月 監修・西海功 製作・海洋堂 原型製作・松村しのぶ  海洋堂(敬略)のその姿勢の一例を私なりに紹介しておきます。「国立科学博物館カプセルミュージアム」の「トキ」と「日本の天然記念物」のそれと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トキの系譜(14) 進化するトキ

国立科学博物館カプセルミュージアム 05 トキ 2007年4月 監修・西海功 製作・海洋堂 原型製作・松村しのぶ  純粋培養された模型や造形は、その製作状況からおおよその「甘え」が生じて質の良い製品が生まれ難くなるのが常のようです。安易な利益優先の会社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トキの系譜(13) 国立科学博物館カプセルミュージアム

国立科学博物館カプセルミュージアム 05 トキ 2007年4月 監修・西海功 製作・海洋堂 原型製作・松村しのぶ  このフィギュアは、国立科学博物館のショップのベンダーマシンで発売されている「国立科学博物館カプセルミュージアム」の「トキ」です。2007…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トキの系譜(12) ヤンバルクイナ…?

わがままな天然列島・大地の動物シリーズ トキ(生殖羽) 2002年12月 製作・海洋堂 原型製作・松村しのぶ  昨日はこのフィギュアの良い所を幾つか紹介しました。悪い所も紹介しておきます。この写真を見て何かを連想しませんでしょうか。私は連想していまいました。「ヤンバルクイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トキの系譜(11) 心憎い仕上がり

わがままな天然列島・大地の動物シリーズ トキ(生殖羽) 2002年12月 製作・海洋堂 原型製作・松村しのぶ  このフィギュアの原型は「チョコエッグ」のそれを改良して造られたものだと思いますが、内容は随分と良くなっています。胸や折りたたんだ翼に出来てい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トキの系譜(10) 生殖羽

わがままな天然列島・大地の動物シリーズ トキ(生殖羽) 2002年12月 製作・海洋堂 原型製作・松村しのぶ  このフィギュアが系譜(7)で触れました「白くないトキ」です。「わがままな天然列島・大地の動物ブースターパック2の中に入っていたものです。「日本の天然記念物」から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トキの系譜(9) 心地よい進化

日本の天然記念物 トキ 2002年6月 製作・海洋堂 原型製作・松村しのぶ  「クチバシの先端の朱色」は「トキ」にとっては特徴的な部分だと考えますが、「特徴的」と意識しなければさほど「トキ」のイメージを壊すものではないようです。事実、「チョコエッグ」や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トキの系譜(8) 残念な結果

日本の天然記念物 トキ 2002年6月 製作・海洋堂 原型製作・松村しのぶ  ミニチュア動物フィギュアを製作する事は、その大きさから表現を省略して行かざるを負えません。その上で「特徴」を表現する事は、そこに多少の誇張を増幅する結果となります。この「日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トキの系譜(7) 朱鷺色フィギュア

日本の天然記念物 トキ 2002年6月 製作・海洋堂 原型製作・松村しのぶ  これは、週刊「日本の天然記念物」のトキです。「朱鷺色」が全体に施された印象を受けるフィギュアです。昨日の「チョコエッグ・クラシック」から4ヵ月後の2002年6月の発売です。高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トキの系譜(7) 特徴の化けの皮

チョコエツグ・クラシック 日本の動物  003c トキ 2002年2月 製作・海洋堂 原型製作・松村しのぶ  この様に「この動物にはこの色」と言うものはないのです。「アオウミガメの系譜」で甲羅の色が「青系」と「赤系」のフィギュアがあることに随分困惑した記憶があります。それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トキの系譜(6) 動物の色の把握 

チョコエツグ・クラシック 日本の動物  003c トキ 2002年2月 製作・海洋堂 原型製作・松村しのぶ  「動物のフォルム」にも「特徴」は大変に重要な製作要素ですが、「動物の色」は更に重要な要素だと考えています。昨日にお話ししましたが「彩色」の良し悪しでその印象が変わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トキの系譜(5) 艶消しのトキ

チョコエツグ・クラシック 日本の動物  003c トキ 2002年2月 製作・海洋堂 原型製作・松村しのぶ  これは「チョコエッグ・クラシック」の「トキ」です。2002年2月に発売されたものです。写真ではよく解らないのですが、第一印象が随分と違います。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トキの系譜(4) クチバシの歪み

チョコエツグ・日本の動物 第1弾 003 トキ 1999年9月 製作・海洋堂 原型製作・松村しのぶ  この「チョコエッグ」のフィギュアの気になる所は、「素材の色である事」ともうひとつ「足が太く大きい事」です。 このフィギュアだけを見ているとあまり気にならないのですが、新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トキの系譜(3) 個別の動物

チョコエツグ・日本の動物 第1弾 003 トキ 1999年9月 製作・海洋堂 原型製作・松村しのぶ  確かに色は「白」です。けれど質感がプラスチックの「ツルッ」とした感じがあり明らかに鳥の羽根とは異なります。そのことから、この初期のチョコエッグのフィギュア群は玩具の要…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トキの系譜(2) 白い動物

チョコエツグ・日本の動物 第1弾 003 トキ 1999年9月 製作・海洋堂 原型製作・松村しのぶ  初期のチョコエッグ(第1弾~第3弾)の中には、素材の色をそのままに利用されたフィギュアが幾つかあります。全体に彩色するのではなく、その動物の基調となる色を素材のままにして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トキの系譜(1) ニッポニ・アニッポン

チョコエツグ・日本の動物 第1弾 003 トキ 1999年9月 製作・海洋堂 原型製作・松村しのぶ  この写真はチョコエッグの第1弾の中に入っている「トキ」です。 1999年4月の発売です。Nipponia nipponと称される鳥ですが、国鳥ではありません。日本では明治…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フクロウの系譜(27) 愚問

チョコエッグ 動物第6弾 おもしろ動物編 メンフクロウ 2002年9月 製作・フルタ製菓  このフィギュア群を「意識の怠慢」と紹介しました。けれど、幸いにもこのシリーズに進化がないとは言い切れない部分が幾つかあります。この時代としては「コノハムシ」や「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フクロウの系譜(26) 意識の怠慢

チョコエッグ 動物第6弾 おもしろ動物編 メンフクロウ 2002年9月 製作・フルタ製菓  同期の「トラフズク」と比べるとこの「メンフクロウ」にはフィギュアの進化に対する意識はなく、他社のフィギュアとは無関係に製作されたのでしょうか。製作する以上は良い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フクロウの系譜(25) メンフクロウ

チョコエッグ 動物第6弾 おもしろ動物編 メンフクロウ 2002年9月 製作・フルタ製菓  このフィギュアの掲載については随分と迷いました。迷ったまま今日にいたっています。フィギュアを紹介するために開設したブログである事を考え、初心に帰って紹介する事に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フクロウの系譜(24) 和のフィギュア

BIRDTALES-2 森と清流 No.1 アオバズク 2005年6月 製作・海洋堂 原型製作・田熊勝夫  このフィギュアに限らず、このバードティルズには様々な動物の状態をひとつの場面として製作されていて、大変に好感がもてます。けれどそこには弊害もあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フクロウの系譜(23) アオバズク

BIRDTALES-2 森と清流 No.1 アオバズク 2005年6月 製作・海洋堂 原型製作・田熊勝夫  このフィギュアはバードティルズ-2(森と清流)の中に入っている「アオバズク」です。2005年6月にボトルタン(天然水のオマケ)として発売されたも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フクロウの系譜(22) 艶消しの鳥

ズーラシアランチ・ジャングル シロフクロウ 2004年3月 製作・海洋堂 原型・松村しのぶ  「艶」の事でもう少しお話ししましょう。このフィギュアは、「七分艶」というのでしょうか。艶の判断は非常に難しく職人の中でも個人差があります。「全消し」「三分艶」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フクロウの系譜(21) フクロウの艶

ズーラシアランチ・ジャングル シロフクロウ 2004年3月 製作・海洋堂 原型・松村しのぶ  このフィギュアには日本の「間」が内在している事をお話しさせて頂きました。実に躍動感のあるフィギュアです。尽きる事のない様々な思いを描く事の出来るフィギュアだと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more