テーマ:オオサンショウウオ

サンショウウオの系譜(65) イメージの力

京都水族館フィギュアコレクション 3 オオサンショウウオ卵と幼生(通常色) 造形企画製作・海洋堂 原型製作・山本聖士  昨日は、「日本の動物」と言う漠然としたイメージを持っているとお話しました。恐らくそのイメージは多くの方々が認める事と思います。それがフィギュアとどの様…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンショウウオの系譜(64) 日本の動物

京都水族館フィギュアコレクション 3 オオサンショウウオ卵と幼生(通常色) 造形企画製作・海洋堂 原型製作・山本聖士  紹介が前後してしまいました。このフィギュアは「京都水族館フィギュアコレクション」の「オオサンショウウオ卵と幼生(通常色)」です。こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンショウウオの系譜(63) 珍しくさせてしまった人間 

京都水族館フィギュアコレクション 4 オオサンショウウオ卵と幼生(色彩変異) 造形企画製作・海洋堂 原型製作・山本聖士  私が幼小の頃、神戸の須磨に住んでいました。昭和30年代の話しです。近くの小さな池にはオタマジャクシやヤゴが居ました。近くの工事現場から足場に使う大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンショウウオの系譜(62) フィギュアの醍醐味

京都水族館フィギュアコレクション 4 オオサンショウウオ卵と幼生(色彩変異) 造形企画製作・海洋堂 原型製作・山本聖士  このフィギュアが、「アホロートル」をも系譜の中に入れてしまった張本人です。「京都水族館フィギュアコレクション」の「オオサンショウウオ卵と幼生(色彩変異)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオサンショウウオの系譜(61) サンショウウオの目は特別

京都水族館フィギュアコレクション 2 オオサンショウウオ(交雑種) 造形企画製作・海洋堂 原型製作・松村しのぶ  その目の大きさが、このフィギュア(京都水族館・オオサンショウウオ)では定まっていません。まるで重箱の隅を突いている様で恐縮なのですが、私は在来種と交雑種をそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオサンショウウオの系譜(60) 目の大きさ

京都水族館フィギュアコレクション 2 オオサンショウウオ(交雑種) 造形企画製作・海洋堂 原型製作・松村しのぶ  ボトルキャップとの関係を長々とお話をさせて頂きました。少し反省しています。  さて、このフィギュアの事も紹介しておきましょう。これは「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンショウウオの系譜(59) 同じ時間と空間  

京都水族館フィギュアコレクション 2 オオサンショウウオ(交雑種) 造形企画製作・海洋堂 原型製作・松村しのぶ  幸いにも、最近の「日本水族館立体図録5」やこの写真の「京都水族館コレクション」の一部には再び彩色された背景が復活している事も事実です。コストの削減は製作会社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンショウウオの系譜(58) アクアリウムの意味 

京都水族館フィギュアコレクション 2 オオサンショウウオ(交雑種) 造形企画製作・海洋堂 原型製作・松村しのぶ  昨日から紹介している写真は「京都水族館フィギュアコレクション」の「オオサンショウウオ(交雑種)」です。所謂、色違いフィギュアだと思います。  話は戻り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンショウウオの系譜(57) フィギュアと台座の関係

京都水族館フィギュアコレクション 2 オオサンショウウオ(交雑種) 造形企画製作・海洋堂 原型製作・松村しのぶ  ここで、海洋堂(敬略)のアクアリウム(アクアティルズも含む)シリーズのフィギュアと台座との関係を整理してみましょう。背景とは、キャップと動物フィギュアの間にある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオサンショウウオの系譜(56) 原点

京都水族館フィギュアコレクション 1 オオサンショウウオ(在来種) 造形企画製作・海洋堂 原型製作・松村しのぶ  今から11年も前に登場したフィギュアに「深海生物フィギュアコレクション」が在ります。その当時は、「チョコエッグ」と違って、透明感があり、光物が多く、魅力的な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオサンショウウオの系譜(55) プラスティックが現実的で…

京都水族館フィギュアコレクション 1 オオサンショウウオ(在来種) 造形企画製作・海洋堂 原型製作・松村しのぶ  動物フィギュアを魅力あるものにするための法則はありませんが、魅力あるフィギュアには幾つかの共通点があります。そのひとつは「自然に見える事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンショウウオの系譜(54) 何かが足りない。

京都水族館フィギュアコレクション 1 オオサンショウウオ(在来種) 造形企画製作・海洋堂 原型製作・松村しのぶ  けれど私は、このフィギュアを見ていると「週刊・日本の天然記念物」のそれと比較すること自体が不謹慎に思えて来るのです。懐疑的に考えてしまい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンショウウオの系譜(53) 京都水族館

京都水族館フィギュアコレクション 1 オオサンショウウオ(在来種) 造形企画製作・海洋堂 原型製作・松村しのぶ  やっとの思いでここまで辿り着きました。「急がば回れ」に準じて来たのですが、随分と長い系譜となりました。気持ちが垂れてしまいますが、まだまだ続きます。  さて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンショウウオの系譜(52) キツネにつままれた進化

海遊館ミュージアム オオサンショウウオ 2009年8月 監修・海遊館 企画・総指揮・佐藤純也 原型製作・KOW  この「安定感」も私の課題だと思っています。この「安定感」もまた「存在感」と何らかの関係があると考えているからですが、その事はまたの機会のお話とさせて下さい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンショウウオの系譜(48) 些細なれど… 

海遊館ミュージアム オオサンショウウオ 2009年8月 監修・海遊館 企画・総指揮・佐藤純也 原型製作・KOW  話を戻します。些細な違いにその製作者の考えが見えて来るのです。けれどそこには、明らかに訂正をした証拠が必要です。証拠と言うよりもその意図が見える事が必要なので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンショウウオの系譜(47) 真面目で真剣

海遊館ミュージアム オオサンショウウオ 2009年8月 監修・海遊館 企画・総指揮・佐藤純也 原型製作・KOW  造形製作とは、真面目で真剣でなければ成り立ちません。そうでないと造る事が出来ないのです。不真面目でいい加減では、刃物を持つ事が出来ません。怪我をします。少し大袈裟…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンショウウオの系譜(46) リニューアル・フィギュア 

海遊館ミュージアム オオサンショウウオ 2009年8月 監修・海遊館 企画・総指揮・佐藤純也 原型製作・KOW  写真は昨日までの「海遊館ミュージアム(旧版)」に新たに4種のフィギュアを加えて、奇譚クラブ(敬略)のネイチャーテクニカラーシリーズで使われている台座を付け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンショウウオの系譜(45) 錯視

海遊館ミュージアム(旧版) オオサンショウウオ 2007年 監修・海遊館 企画・総指揮・佐藤純也 原型製作・KOW   すぐに話しが逸れてしまいます。ごめんなさい。  さて、「艶」の話しに戻ります。このフィギュアは恐らく水中の岩を越えようとしているポーズと思われます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンショウウオの系譜(44) ブログに大切な事

海遊館ミュージアム(旧版) オオサンショウウオ 2007年 監修・海遊館 企画・総指揮・佐藤純也 原型製作・KOW  この系譜では、「存在感」と「艶」を中心にお話しさせて頂いていますが、その事は事前に意図していたものではありません。  更新のたびに掲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンショウウオの系譜(43) オオサンショウウオの特徴

海遊館ミュージアム(旧版) オオサンショウウオ 2007年 監修・海遊館 企画・総指揮・佐藤純也 原型製作・KOW  オオサンショウウオの頭が想像していた以上に平たい事が、この系譜と共に理解できるようになりました。それは事実ですが、このフィギュアは、やや誇張しすぎではない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンショウウオの系譜(42) 艶めかしい頭

海遊館ミュージアム(旧版) オオサンショウウオ 2007年 監修・海遊館 企画・総指揮・佐藤純也 原型製作・KOW  このフィギュアは、2007年に発売された「海遊館ミュージアム(旧版)」の「オオサンショウウオ」です。前回の「オオサンショウウオ・フィギュア(地球生命紀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンショウウオの系譜(36) 「舌」それとも「蟹」

地球生命紀行「生きた化石」 SP.オオサンショウウオ 2003年8月 製作・エポック社  もうひとつ気になる部分があります。補食している「獲物」です。写真では解り難いのですが、「蟹」を咥えています。その事には問題はありません。今後、「オオサンショウウオの補食フィギュア」が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンショウウオの系譜(35) 不自然な艶 

地球生命紀行「生きた化石」 SP.オオサンショウウオ 2003年8月 製作・エポック社  次に気付く点は、彩色にあります。「週刊・日本の天然記念物のそれと大きさと彩色が良く似ている」と紹介しました。実は、色に関しては、誠に良く似ています。こげ茶色に黒の斑模様なのですが、色の調…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンショウウオの系譜(34) 不自然なライン

地球生命紀行「生きた化石」 SP.オオサンショウウオ 2003年8月 製作・エポック社  この「オオサンショウウオ・フィギュア」の欠点は立体的に製作されていない事です。別の言い方をすれば、平面的には余り損傷はないのですが、立面の形状が熟知されていないように思います。頭部は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンショウウオの系譜(33) 不可解な支柱

地球生命紀行「生きた化石」 SP.オオサンショウウオ 2003年8月 製作・エポック社  その仕上がりの違いを紹介しましょう。最も印象的なのは、空中に浮かせた見せ方にあります。わざわざ見劣りする胴体の厚み(立体感)を強調するかの様に支柱で何故か浮かせています。お腹や胴体の厚み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンショウウオの系譜(32) 生きた化石 

地球生命紀行「生きた化石」 SP.オオサンショウウオ 2003年8月 製作・エポック社  このフィギュアは、地球生命紀行「生きた化石」の「シークレット・オオサンショウウオ」です。2003年8月に発売されたものです。「週刊日本の天然記念物のオオサンショウウオ」から遅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンショウウオの系譜(25) ミニチュア動物フィギュアの意義

週刊・日本の天然記念物 35 オオサンショウウオ 2003年2月 製作・海洋堂 原型製作・松村しのぶ  随分と抽象的なお話になってしまいました。簡単にお話しすると、この「存在感」とは何者なのかを動物フィギュアを通して解き明かそうと言う事です。ただ、それはそう簡単な事ではな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンショウウオの系譜(24) 答えがここに… 

週刊・日本の天然記念物 35 オオサンショウウオ 2003年2月 製作・海洋堂 原型製作・松村しのぶ   その「存在感」は、別の要素と結びつかないとお話しさせて頂きました。けれど実は、それらの要素は私たちの知らない底部(未知な部分)で結びついているのではないかと、漠然とした状…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンショウウオの系譜(23) されど魅力的

週刊・日本の天然記念物 35 オオサンショウウオ 2003年2月 製作・海洋堂 原型製作・松村しのぶ   けれど、このフィギュアを眺めていると補食している姿ではなくとも、ごく自然に頭をもたげているポーズでもその魅力は変わらないのではないかとも考えています…。  ここで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンショウウオの系譜(22) ポージング

週刊・日本の天然記念物 35 オオサンショウウオ 2003年2月 製作・海洋堂 原型製作・松村しのぶ   動物フィギュアにはもうひとつの大切な要素があります。「ポージング」です。その動物の瞬間をとらえる事で、生き生きとした「生命感」を表現するポーズです。このフィギュアが発売さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more