テーマ:アカメ

アカメの系譜(29) 暗褐色と明褐色

日本の清流 シークレット アカメ 2011年8月 監修・豊平両生爬虫類研究所 原型製作・KOW 企画総指揮・佐藤純也  「海洋堂(敬略)」が「中国四国物産展」の「アカメA」と「アカメB」を製作したように、「日本の清流」にも「アカメAとB」があるとすれば、「奇譚クラブ(敬略…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカメの系譜(28) 変化する生命と変化しない生命 

日本の清流 シークレット アカメ 2011年8月 監修・豊平両生爬虫類研究所 原型製作・KOW 企画総指揮・佐藤純也  最後にもう一言、お話をさせて下さい。この系譜で「アカメ」に対する認識が「海洋堂(敬略)」と「奇譚クラブ(敬略)」とでは異なる事をお話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカメの系譜(27) 分割ライン

日本の清流 シークレット アカメ 2011年8月 監修・豊平両生爬虫類研究所 原型製作・KOW 企画総指揮・佐藤純也  この系譜も終盤になりました。このフィギュアの素晴らしさを紹介してきました。様々な要素が進化と共に収斂された結果だと考えています。けれど、些細な部分ですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカメの系譜(26) 生命感と存在感

日本の清流 シークレット アカメ 2011年8月 監修・豊平両生爬虫類研究所 原型製作・KOW 企画総指揮・佐藤純也  身勝手を承知で、このフィギュアを「秀作」と紹介しました。私が「秀作」と位置付けている動物フィギュアが幾つかあります。「日本の天然記念…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカメの系譜(25) 魚・フィギュアの成果

日本の清流 シークレット アカメ 2011年8月 監修・豊平両生爬虫類研究所 原型製作・KOW 企画総指揮・佐藤純也  系譜(21)~(24)までの御浚いです。迫力ある大きな胴体は台座からはみ出していてバランスを崩している事が逆にその存在を強調している…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカメの系譜(24) ヒレの透明感

日本の清流 シークレット アカメ 2011年8月 監修・豊平両生爬虫類研究所 原型製作・KOW 企画総指揮・佐藤純也  もうひとつ、特徴があります。それは「ヒレの透明感」です。それは、この「アカメ・フィギュア」に限った事ではなく、この「日本の清流」の全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカメの系譜(23) 立体的なウロコ

日本の清流 シークレット アカメ 2011年8月 監修・豊平両生爬虫類研究所 原型製作・KOW 企画総指揮・佐藤純也  このフィギュアを魅了させる特徴は、その大きさだけではありません。私がもっとも魅了されたのは「ウロコの表現」にあります。幾度か「銀色に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカメの系譜(22) アンバランスのバランス

日本の清流 シークレット アカメ 2011年8月 監修・豊平両生爬虫類研究所 原型製作・KOW 企画総指揮・佐藤純也  このフィギュアの大きさは体長86.9mmです。ミニチュア動物フィギュアとしてはボリュームも大きさもあります。「フィギュア版・中国四国物産展」の「アカメ」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカメの系譜(21) 美しい「アカメ・フィギュア」

日本の清流 シークレット アカメ 2011年8月 監修・豊平両生爬虫類研究所 原型製作・KOW 企画総指揮・佐藤純也  このフィギュアが、「日本の清流」の「アカメ」です。シークレットです。皆様は、この写真を見て何を感じますでしょうか。私はこのフィギュア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカメの系譜(20) 系譜の意味

フィギュア版・中国四国物産展 10 四万十川のアカメ(B) 2007年1月 製作・海洋堂 原型製作・木下隆志  このフィギュアの欠点もお話ししておきましょう。このフィギュアは良く出来ているのですが、系譜(18)で触れた様に、全体的には玩具的な軽い感じが否めません。「台座のボリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカメの系譜(19) 興奮時の「アカメ」

フィギュア版・中国四国物産展 10 四万十川のアカメ(B) 2007年1月 製作・海洋堂 原型製作・木下隆志  このフィギュアが「四万十川のアカメ(B)」です。興奮して銀色の身体が「暗褐色」になっているフィギュアです。他に比べて小さなフィギュアと言う事なのでしょうか、写真では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカメの系譜(18) 寂しい「アカメ」

フィギュア版・中国四国物産展 9 四万十川のアカメ(A) 2007年1月 製作・海洋堂 原型製作・木下隆志  このフィギュアを具体的に見ていきましょう。体色は銀色に暗褐色です。アカメ・フィギュアを並べて見れば理解できますが、体色が著しく異なっているのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカメの系譜(17) 物産展のアカメ

フィギュア版・中国四国物産展 9 四万十川のアカメ(A) 2007年1月 製作・海洋堂 原型製作・木下隆志  このフィギュアは2007年1月に、「中国四国物産展」と称してサッポロビールのおまけに付いていた動物フィギュアです。「四万十川のアカメ(A)」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカメの系譜(16) 楽しませる美しさと魅力

原色淡水魚図鑑Ⅰ[改訂版] 14 アカメ(若魚) 2006年3月 監修・豊平両生爬虫類研究所 企画総指揮・佐藤純也 原型製作・KOW  このフィギュアの体色は、原色淡水魚図鑑Ⅰの「アカメ」と同様に「暗褐色」に戻っています。「成魚」は「暗緑色」、「若魚」は「暗褐色」と区別し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカメの系譜(15) 半透明の赤い目

原色淡水魚図鑑Ⅰ[改訂版] 14 アカメ(若魚) 2006年3月 監修・豊平両生爬虫類研究所 企画総指揮・佐藤純也 原型製作・KOW  このフィギュアの目は「赤」に彩色されていますが、原色淡水魚図鑑Ⅰのシークレットのそれとは随分と趣の違う「赤」です。「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカメの系譜(14) アカメ(若魚) 

原色淡水魚図鑑Ⅰ[改訂版] 14 アカメ(若魚) 2006年3月 監修・豊平両生爬虫類研究所 企画総指揮・佐藤純也 原型製作・KOW  このフィギュアは、昨日の原色淡水魚図鑑Ⅰ[改訂版] のアカメ(成魚)の色違いフィギュアだと思います。アカメ(若魚)とあります。原色淡水魚図鑑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカメの系譜(13) 少しの変化

原色淡水魚図鑑Ⅰ[改訂版] 13 アカメ(成魚) 2006年3月 監修・豊平両生爬虫類研究所 企画総指揮・佐藤純也 原型製作・KOW  「原色淡水魚図鑑Ⅰ」と「原色淡水魚図鑑Ⅰ[改訂版] 」の違いが、わずかな彩色の変化に過ぎないと思っている方が多くおられるのではないでしょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカメの系譜(12) 改訂版のアカメ

原色淡水魚図鑑Ⅰ[改訂版] 13 アカメ(成魚) 2006年3月 監修・豊平両生爬虫類研究所 企画総指揮・佐藤純也 原型製作・KOW  このフィギュアは「原色淡水魚図鑑Ⅰ[改訂版] 」の「アカメ(成魚)」です。原型は昨日の「原色淡水魚図鑑Ⅰ」のそれと同じものだと思います。台座…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカメの系譜(11) 光り輝く堅いウロコ…

原色淡水魚図鑑Ⅰ  シークレット アカメ 2003年5月 監修・豊平両生爬虫類研究所  このフィギュアの体色は白の入った銀に暗褐色ですが、「黒目のアカメ・フィギュア」と同じ色合です。比べて見るとかなり明るく彩色されています。ただ、「ウロコ」の銀の発色が抑えられているた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカメの系譜(10) 解説文の必要性

原色淡水魚図鑑Ⅰ  シークレット アカメ 2003年5月 監修・豊平両生爬虫類研究所   このフィギュアは昨日までの「アカメ(黒い目)」の色違いフィギュアです。その解説書には「(省略) 稚魚には暗褐色と明褐色の模様があり、成魚になるとその模様が不明瞭に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカメの系譜(9) シークレットのアカメ

原色淡水魚図鑑Ⅰ  シークレット アカメ 2003年5月 監修・豊平両生爬虫類研究所  このフィギュアが原色淡水魚図鑑Ⅰの シークレットの「アカメ」です。読んで字の如く「赤目」です。このフィギュアには個別の解説書はなく、昨日の「黒い目」のアカメの説明書(リスト表の裏)にも「紅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカメの系譜(8) 生きている証し

原色淡水魚図鑑Ⅰ 13 アカメ 2003年5月 監修・豊平両生爬虫類研究所  もう少しこのフィギュアとお付き合い下さい。この「アカメ・フィギュア」の眼は赤くありません。チョコエッグの解説書には「光をあてると目が赤く反射するため「アカメ」と呼ばれる。」とあります。「アカメ」の由…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカメの系譜(7) 分割の意味

原色淡水魚図鑑Ⅰ 13 アカメ 2003年5月 監修・豊平両生爬虫類研究所  このフィギュアの特徴をもう少しお話しさせて下さい。このフィギュアはその形状から2分割されています。その分割ラインがエラと背ビレを一体にした頭部と胴体の境目に沿って不定形にあります。これは分割ラインを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカメの系譜(6) 原色淡水魚図鑑Ⅰのアカメ 

原色淡水魚図鑑Ⅰ 13 アカメ 2003年5月 監修・豊平両生爬虫類研究所  このフィギュアを丁寧に見ていきましょう。チョコエッグのそれは全長68.4mmです。このフィギュアの全長が69mmです。尾ビレが泳いでいる姿勢(ポーズ)のためにカーブを作ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカメの系譜(5) 3年3ヵ月の進化

原色淡水魚図鑑Ⅰ 13 アカメ 2003年5月 監修・豊平両生爬虫類研究所  このフィギュアは2003年5月に発売された「原色淡水魚図鑑Ⅰ」の「アカメ」です。この解説書には原型製作者の記載がありませんが、恐らくKOW(敬略)だと思います。この「原色淡水魚図鑑Ⅰ」と、ほぼ同形の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカメの系譜(4) 進化の余白と道筋

チョコエッグ・日本の動物コレクション 第3弾 049 アカメ 2000年2月 製作・海洋堂 原型製作・松村しのぶ  このフィギュアに対して、随分と手荒い紹介をしてしまった様です。事実、これらの不透明でおおまかな形状の「ヒレ」や「ウロコ」)の表現は、今日のフィギュアから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカメの系譜(3) お腹の亀甲模様

チョコエッグ・日本の動物コレクション 第3弾 049 アカメ 2000年2月 製作・海洋堂 原型製作・松村しのぶ  このフィギュアの特徴としては、お腹に亀甲模様(ハチの巣模様)が銀色で塗装されています。ネット等で多くの「アカメ(ミノウオ)」を見る事が出来たのですが、この様な模…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカメの系譜(2) おおまかな表現

チョコエッグ・日本の動物コレクション 第3弾 049 アカメ 2000年2月 製作・海洋堂 原型製作・松村しのぶ  昨日から紹介しているフィギュアは、チョコエッグ・日本の動物コレクションの「アカメ」です。2000年2月に発売されたものです。この第3弾の「魚類」は他に「タツノオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカメの系譜(1) 銀色の巨大魚

チョコエッグ・日本の動物コレクション 第3弾 049 アカメ 2000年2月 製作・海洋堂 原型製作・松村しのぶ  今日から「アカメの系譜」です。「アカメ」と呼ばれるのは一貫目(約4kg)以下の小型魚で、60cmクラス以下の若魚や幼魚の事ですが、実は日本固有の大型魚で、成…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more