シャチの系譜(7) 試みが経験となって… 

画像



















"新江ノ島水族館への誘い2" シャチ 2005年4月 企画監修・荒俣宏 製作・海洋堂 原型製作総指揮・松村しのぶ  

 「チョコQ第7弾の怪」とサブタイトルを付けてしまいましたが、事実、チョコQの第7弾だけが、結果的には、モチーフと同色の素材となっています。素材が同色だと、彩色の手間が簡素に出来る事と、傷が着いても目立ち難いと言う利点があるものの、射出成型時にモチーフに合わせて素材を作り変えると言う作業が増える事になります。結果的には、後者の方が負担となり、第8弾では採用されなかったのではないでしょうか。いずれにせよ、その様な試みを様々な部分で常に実践してきたのが海洋堂(敬略)の良さであり、その様な経験がノウハウを産み、その蓄積が、今日の海洋堂(敬略)を築きあげている事は事実ではないでしょうか。

 遅れましたが、この写真は"新江ノ島水族館への誘い2"の「シャチ」です。このフィギュアの紹介は明日にします。おやすみなさい。 

"シャチの系譜(7) 試みが経験となって… " へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント