トラの系譜(16) 様々な展示方法

画像



















カプセル旭山動物園・ズー5 もうじゅう館「咆哮するトラ」 2007年4月 造形企画製作・海洋堂 原型製作・松村しのぶ

 「行動展示」のお話をさせて頂きました。ならば他にどの様な展示方法が、動物園や水族館・植物園等で行われているのでしょうか。「動物フィギュア」とは直接的には関係のない話しですが調べてみました。意外に多くの展示方法(概念)がある様です。「形体展示」「生体展示」「分類学的展示」「地理学的展示」「無柵放養式展示」「単一展示」「混合展示」「形態展示」そして「行動展示」。専門的にはきっと他にもあると思います。それぞれの詳しい展示方法に興味のある方は調べて見て下さい。難しい言葉遣いですが、意外と理解できると思います。
 それらの様々な展示方法は、動物園や水族館・植物園等の並々ならぬ様々な努力があってこそ産まれた展示方法だと私は考えていますが、それらが不思議と「動物フィギュア」の「シリーズ化」や「表現方法(見せ方)」と重なっている事には驚きます。動物園の「展示方法」とフィギュアの「表現方法」がどの様な関係であるのかは、今後の課題となるのではないでしょうか。それを解く事で新たな表現方法の「動物フィギュア」が産まれて来るのではないかと確信しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック