サンショウウオの系譜(57) フィギュアと台座の関係

画像













京都水族館フィギュアコレクション 2 オオサンショウウオ(交雑種) 造形企画製作・海洋堂 原型製作・松村しのぶ

 ここで、海洋堂(敬略)のアクアリウム(アクアティルズも含む)シリーズのフィギュアと台座との関係を整理してみましょう。背景とは、キャップと動物フィギュアの間にある岩や波や砂地等の情景を飾っているものです。本来の目的は、フィギュアを支える支柱(棒状のもの)を、台座(キャップボトル)に固定させるためのものだと思います。

黒潮の魚たち・第1弾(2002年7月)
0体(背景なしのキャップのみ)+9体(キャップと同色の背景)+7体(彩色の背景)=全16種類

黒潮の魚たち・第2弾(2003年1月)
0体+8体+5体=全13種類

新江ノ島水族館立体生物図録(2004年4月) ※「新江ノ島水族館への誘い」は省く  
1体+4体+13体=全18種類

新江ノ島水族館立体生物図録2(2005年4月)  ※「新江ノ島水族館への誘い2」は省く    
0体+4体+10体=全14種類

日本水族館立体図録(2007年4月)
0体+0体+14体=全14種類

日本水族館立体図録2(2008年8月)
0体+0体+15体=全15種類

日本水族館立体図録3(2011年3月)
0体+13体+0体=全13種類

日本水族館立体図録4(2011年7月)
0体+14体+0体=全14種類

サンシャイン水族館コレクション(2011年8月)
2体+8体+0体=全10種類

日本水族館立体図録5(2011年7月)
0体+8体+4体=全12種類

京都水族館コレクション(2012年3月)
0体+5体+4体=全9種類

同様の仕様には他に「深海生物コレクション」や「ペンギズランチ」などがありますが、今回は上記を対象にお話を進めます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック