シャチの系譜(8) 貪欲なサービス精神

画像















"新江ノ島水族館への誘い2" シャチ 2005年4月 企画監修・荒俣宏 製作・海洋堂 原型製作総指揮・松村しのぶ  

 昨日から掲載しているフィギュアは、>"新江ノ島水族館への誘い2"の「シャチ」です。特にこの「シャチ」はセブンイレブン(敬略)の限定企画キャンペーン用として、特別に製作されたもので、「新江ノ島水族館立体生物図録2」には入っていません。
 勢い良く水中からジャンプする様子を再現しているフィギュアですが、その胴体(水面付近のお腹から背中)に不定形な白い帯が幾重にも表現されているのが判りますでしょうか。当初、私はこれが何か理解できませんでした。水飛沫の割には線状に描かれていて、水飛沫がお腹にかかっている様子を表現したとすると、詳細にこだわり過ぎで、不自然に思えるからです。
 例によって、この系譜の始まりと共に、ネットで多くの写真や動画を見る事にしました。実に多くの写真や動画があり、その人気をうかがう事が出来ました。その中に高画質のものもあり、その写真で始めてこの白い線状のものが理解できました。水飛沫と思っていたものは、実はシャチの体についていた水が、水中から飛び出た時に、滑りやすい皮膚から波状に幾重にも流れ落ちている事が判ったのです。一瞬の出来事ですが、これは、体についていた水が流れ落ちる様子を表現していたのです。これを表現するしないは別として、この貪欲なサービス精神(表現欲)には随分と感服させられました。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック