ヤマガメの系譜(24) 赤褐色個体 

画像



















日本のカメ リュウキュウヤマガメ(赤褐色個体) 2010年5月 監修・豊平両生爬虫類研究所 原型製作・KOW 企画総指揮・佐藤純也

 昨日から、写真のフィギュアの背甲の色が青緑個体から赤褐色個体へと変わっています。この変化をフィギュアとして表現する事には好感が持てます。ただ単なる色違いフィギュアではなく、背甲には複雑な模様が施され、喉首の彩色にもこだわりを見せています。その意図を充分に納得させる仕上がりを見せていると思います。
 さて、「ヤマガメの系譜」の終盤です。私は、「系譜」を書く前にはおおよその道筋が出来ています。ところがその通りに進んだ試しがありません。それどころか予期しない疑問と結論が書く事によって導かれます。「導かれる」と言うよりも「発見する」に近い感覚があります。この「系譜」を書く前は、ただ、「週刊天然記念物」の「リュウキュウヤマガメ」を自分なりに整理(把握)しておきたいと思っただけでした。ところが、今になってその「存在」の大きさに驚いている次第です。青天の霹靂です。そのために、「日本のカメ」の「リュウキュウヤマガメ」が、予想外に肩身の狭いものとなってしまいました。進化の判断をも次世代に任せてしまったようです。写真でお解りの様に、このフィギュアは「技術的」には大変素晴らしく、文句の付けようがありません。、「週刊天然記念物」のそれより優れていると思います。これ以上の技術を何処で学べば良いと言うのでしょうか…。と思えるほどです。それどころではありません。「一瞬を捉えた動き」もあります。生活感はありませんが、活き活きとした「生命感」もあります。秀作として認識するつもりでいたフィギュアでもあったのです…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック