ヤマガメの系譜(21) 理想像

画像



















日本のカメ リュウキュウヤマガメ(青緑色個体) 2010年5月 監修・豊平両生爬虫類研究所 原型製作・KOW 企画総指揮・佐藤純也

 この写真は、真上から甲羅を取った写真です。実に丁寧に製作されています。それなりの「リアリティー」もあります。首・足の動きにも不自然なものはありません。その「動き」と身体の「質感」から「生命感」も充分に伝わってくるフィギュアだと信じています…。
 奥歯に物が挟まった言い方をしてしまいました。実は、このフィギュアを私なりに「評価」をしようと「週刊天然記念物のリュウキュウヤマガメ」のフィギュアとを並べて展示していました。「日本のカメ」のそれの方が、美しく生命感もあるのではないかと思う所もあるのですが、やはり、「週刊天然記念物」のそれには風格と品があるのです。写真では解り難い事と承知していますが、実物を持っておられる人は是非、並べてみてください。その意味が理解されると思います。
 その大きな違いは、甲羅の表現にあります。「日本のカメ」のそれには「成長線」が背甲の全体に「画一的」に丁寧(均等な深さ)に表現されています。その「画一的」な部分は塗装にも見る事ができます。理想像としての「リュウキュウヤマガメ」に拘ればこのフィギュアは文句の無いものかも知れませんが、生息地の環境は理想郷とは違うようです。丁寧に詳細に表現する事はフィギュアの理想像であり、必然の場合もありますが、そうする事で失われた部分もあるのではないでしょうか。それを大切に考えていたのが「週刊天然記念物のリュウキュウヤマガメ」だと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック