ヤマカ゜メの系譜(15) 客観的評価

画像



















週刊日本の天然記念物 50 リュウキュウヤマガメ 2003年6月 製作・海洋堂 原型製作・松村しのぶ

 昨日は、私の全く個人的な「評価」の方法を書かせて頂きました。退屈なお話しだったと思います。
 さて、系譜(13)で、「一般的な評価」と言う曖昧な言葉を使ってしまいました。私らしくありません。私はこのブログの開設と同時に動物フィギュアを客観的に見る事の出来る情報源を探していました。幾つかのブログで動物フィギュアを評価(批評)するサイトを見る事が出来ます。けれどそれらは(このブログもそのひとつだと思っていますが…。)主観的な部分が多く、それはそれで面白く勉強にもなるのですか、客観的なものではありません。個人ではなく多人数の評価が欲しいのです。そこで私が注目したのが「オークションサイト」でした。評価の内容は曖昧ですが、確実に多くの人が価格(自分のお金で購入する)と言う本音でフィギュアを評価しています。具体的に統計を取るまでにはいたっていませんが、表だって評論されない「動物フィギュア」の中に在って実に現実的で客観的なのもだと考えています。それを踏まえて「一般的な評価」の意味と考えていただければ良いかと思います。
 もっとも、10年以上も前の「チョコエッグ」が今日でもカテゴリーとして存在し運営されている事自体が、喜ぶべき事で、「オークション」の繁栄は同時に動物フィギュアの繁栄でもあると堅く信じています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック