ヤマガメの系譜(4) クラシックのリュウキュウヤマガメ

画像



















チョコエッグ・クラシック 日本の動物 048C リュウキュウヤマガメ 2002年2月 製作・海洋堂 原型製作・松村しのぶ

 このフィギュアはチョコエッグ・クラシック「日本の動物」のリュウキュウヤマガメ です。2002年2月の発売です。初代のチョコエッグから2年3ヵ月が経ちました。形状は見た目では違いがありませんので、チョコエッグの原型を利用されたものと思われますが、彩色には多くの違いがあり進化の跡がうかがえます。甲羅自体がオレンジから黄色系の甲羅となり、全体に明るく仕上げられていて、オレンジの甲羅と黒い茶色の首・肢・尻尾のコントラストが比較的に緩和されて好感が持てます。色の変化は、リュウキュウヤマガメ自体にも大きな個体差がある様で、差ほどの違和感はありません。
 最も大きな変化は、彩色の密度にあります。「ヤマガメの系譜(2)」とこの写真を見比べてみていださい。やや装飾的な彩色ですが、明らかに手数が増え、色数も増えて複雑になっている事が理解できます。この変化はお腹や首にも見る事が出来ます。「リアリティー」があると言うよりは「実物」に近づこうとする意識をうかがう事の出来るフィギュアだと思います。特に首の彩色の違いにはその努力の跡がうかがえて進化を見る事が容易だと思います。













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック