ヤマガメの系譜(1) リュウキュウヤマガメ

画像













チョコエッグ 日本の動物 第2弾 048 リュウキュウヤマガメ 1999年12月 製作・海洋堂 原型製作・松村しのぶ 

 今日からはヤマガメの系譜です。私には幾つかの印象に残る動物フィギュアがあります。このブログの中では長浜黒壁文化考現学の「ビワコオオナマズ」とか、原色両生類カエル図鑑[新改訂版]の「ニホンアマガエル」とか、原色甲殻類エビ・カニ図鑑の「アメリカザリガニ」・原色淡水魚図鑑Ⅰの「アジアアロワナ」・日本水族館立体生物図録の「メダカ」、最近では原色日本昆虫図鑑Ⅰ[改訂増補版]の「カブトムシ」もそのひとつです。それぞれに特徴がありその理由も様々です。この「ヤマガメの系譜」の中にも大変に深く印象付けられたフィギュアがあります。「週刊日本の天然記念物」の「リュウキュウヤマガメ」です。その理由は圧倒的な存在感にあります。この存在感は、一言では伝えられない感覚のようで忠実に言葉を探して表現すればその隅から、その言葉が嘘の様に感じられるのは私だけなのでしょうか。この「圧倒的な存在感」を私なりに考えて見ようと思います。どこまでご理解される文章になるかは疑問ですが、出来るだけ砕いてお話しを進めて見ようと考えています。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック