動物フィギュア考現学

アクセスカウンタ

zoom RSS アロワナの系譜(19) 表情のあるフィギュア

<<   作成日時 : 2010/07/29 01:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像



















生態造形図館 生命の鼓動T アジアアロワナ 2010年2月 鳥羽水族館監修 発売・システムサービス

 昨日は本題と言っておきながら本題から逸れてしまったようです。申し訳ありません。さて本当に本題です。私はその性格から、様々な動物フィギュアのサイトを拝見しています。この「アジアアロワナ」の評判も自然と目に入ってきます。けれど私は良く造られたフィギュアだと思っています。この「系譜」で幾度となく取り上げている「胸ビレ」が美しく表現されているからです。わたしが「病気の魚」と身勝手に毒舌した事の答えの如く表現されています。腹ビレは申し訳程度に付いているだけなので不満が残りますが、この胸ビレが躍動感のある泳ぎを演出していると思っています。大きさは「新江ノ島水族館への誘い」のアジアアロワナよりやや大きいのですが、それ以上に大きく感じられます。これまでの3体の「アロワナ」と違って、生命感があり、正しく「生命の鼓動」を目指した製作を心掛けている成果だと思います。「アロワナの系譜(4)・動物フィギュアの真骨頂」の中で、「フィギュアはその生態を様々な角度から観る事ができる。」と書きました。この写真を観て下さい。昨日の写真を観て下さい。明日の写真も観て下さい。角度が変われば、それに答えるように表情も変わります。観る人を飽きさせない表情の豊かなフィギュアだと、私は思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アロワナの系譜(19) 表情のあるフィギュア 動物フィギュア考現学/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる