動物フィギュア考現学

アクセスカウンタ

zoom RSS アロワナの系譜(17) 生態造形図館・生命の鼓動T

<<   作成日時 : 2010/07/27 03:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像



















生態造形図館 生命の鼓動T アジアアロワナ 2010年2月 鳥羽水族館監修 発売・システムサービス

 このフィギュアはシステムサービス(敬略)の生態造形図館・生命の鼓動Tに入っている「アジアアロワナ」です。シークレットではありません。「生命の鼓動T」は鳥羽水族館監修のもとで今年の2月に発売されたものです。この生態造形図館は昨年の秋にアクア・トト岐阜(岐阜県世界淡水魚園水族館)に立ち寄った時に「日本水族館立体生物図録」と並んでベンダーマシンが置かれていました。その中身は「生命の鼓動T」ではなく、「海水魚T」でした。2〜3個を購入し物色したのですが、近年のフィギュアとしては製作の意図が曖昧で技術的にも造形的にも余り良い印象がありませんでした。不幸にも「日本水族館立体生物図録」と並べられると比較されやすく、実力以下の印象が必須の様に思われました。個人的にも「日本水族館立体生物図録」の「メダカ」が出て来なくて金銭的にも、気持ちの上でも、「生態造形図館」どころではなかった事を思い出します。ところが、今回の「生命の鼓動T」は「海水魚T」に比べると様々な部分で随分と良くなっていると思います。値段の事を考慮すれば、私は充分に存在感のある日本の動物フィギュアだと考えています。ただ、不思議に思う部分もあります。「生態造形図鑑」のところを「生態造形図館」としたのはどの様な意図があるのでしょうか…。明日はこのフィギュアの本題をお話しします。おやすみなさい。

追記。 アクア・トト岐阜に「生態造形図館・海水魚T」があった。と書きましたが、確か「海水魚U」もあった様に記憶しています。間違っていたらごめんなさい…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アロワナの系譜(17) 生態造形図館・生命の鼓動T 動物フィギュア考現学/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる